資料請求・お問い合わせ

グループホーム
えくせれんと修学院
〒606-8122
京都府京都市左京区一乗寺東閉川原町2-2
TEL 075-712-6511
FAX 075-712-6517

空室状況  

 
資料請求・お問い合わせ 採用情報
京都市左京区のグループホーム

えくせれんと修学院

EXCELLENT SYUGAKUIN

いつまでもこの家で…
そんな思いを叶えたい。

サービス内容

私たちは入居者様主体の介護支援を提供します

介護支援は、食事・入浴・排泄の介護三大柱が基本ですが、私たちえくせれんと修学院は「心がこもったケア」を目指しております。
出来ない事に着目せず「今」される事を応援し、出来ない事に関しては支える事を目標に取り組んでおります。

入居者様主体の介護支援01
入居者様主体の介護支援02
入居者様主体の介護支援03
入居者様主体の介護支援04
私たちは入居者様に感動と喜びを与えるお手伝いを全身全霊で叶えます

年老いても「夢・希望・感動・喜び」を感じる事は大切な事であります。
それを叶えさせて頂くのは私たちであります。一日一日をスマイルで過ごして頂ける様に全身全霊で頑張らせて頂きます。

入居者様に感動と喜びを01
入居者様に感動と喜びを02
入居者様に感動と喜びを03
入居者様に感動と喜びを04
私たちは地域に愛され優しい活動的な生活を応援します

えくせれんと修学院は地域との交流は非常に盛んであります。

1.修学院第二学区住民の一員として消防団加入し火災予防啓発運動に努めております。

2.修学院第二学区住民の一員として自治会加入し地域でのイベントには積極的に参加しております。(紫陽花祭り・大根炊き・修二学区夏祭り・修二学区区民運動会等々)

3.修学院第二学区社会福祉協議会理事職として配属させて頂いております。

地域との交流は大切な社会資源の1つです。これからも地域住民の皆様と交流を図り、ご入居者様と共に地域との交流に取り組んで参ります。

地域に愛され優しい活動的な生活01
地域に愛され優しい活動的な生活02
地域に愛され優しい活動的な生活03
地域に愛され優しい活動的な生活04
地域に愛され優しい活動的な生活05
地域に愛され優しい活動的な生活06
地域に愛され優しい活動的な生活07
地域に愛され優しい活動的な生活08
地域に愛され優しい活動的な生活09

特徴

認知症の緩和を推奨

認知症は脳の病気である事をしっかりと職員1人1人が理解し支援をさせて頂いております。
問題行動(BPSD)と簡略化されておりますが、私施設長としてはあまり望ましい言葉ではないと思っております。ご高齢になられても「人として当たり前の生活」を提供させて頂く事が一番の認知症の緩和に繋がると思います。
より良い日常生活を送って頂く事を基本(重要視)しております。

認知症の緩和を推奨01
認知症の緩和を推奨02
安心の医療体制・看取りケアを推奨

安心の医療体制・看取りケアを推奨 えくせれんと修学院では協力医療機関として京都民医連第二中央病院往診センターと連携をさせて頂いております。病気・怪我等はもちろん緊急時にも24時間365日体制で受診及び往診して頂く事が可能です。
相互がよい関係を結べる様に研修も盛んに行っておりますし、京都安心ネットワーク(京都府医師会)が推奨されているタブレットも導入しております。
看取りケアにもえくせれんと修学院は注力しておりますので最期まで安心・安全に医療・介護を提供させて頂きます。

特浴設備

特浴設備 えくせれんと修学院では特浴設備があり、ご利用者様の状態や体調に合わせ快適に入浴していただくことができます。
身体の状態に変化があった場合でも、いつもでもグループホームで生活して頂く事ができます。