代表挨拶

代表取締役 大川 一則

入居者様に、ご家族様に感動を与える
オンリーワンの老人ホームが誕生
~全国で魅力あふれる介護施設を運営~

株式会社エクセレントケアシステム
代表取締役 大川 一則

四国徳島より、関西・東海・関東に進出!!

これまで私どもは、介護施設の激戦区である徳島県で介護施設を展開し、2010年から兵庫県に進出しました。 現在では「大阪・京都・名古屋・神奈川・東京」へと全国展開を果たしております。

エクセレント西宮 2010年3月に兵庫県で初めてオープンしたエクセレント西宮では、上質な介護サービスが提供できたと思っています。私どもの既存施設のアンケートでは8割以上の方が満足と答えてくださっていて、多くの方に入居をお待ち頂いている状況です。それというのも、私どもの介護施設では、3つの重要な介護理念で、他の施設との差別化を図っています。

接遇
食事
退屈させない日々の暮らし

1つ目は接遇。
エクセレント職員の立ち振る舞いはTVでおなじみのカリスマセミナー講師から指導を受けています。 また受付スタッフは、ホテル並みのサービスを目標に日々努力を重ねています。

2つ目は食事。
どなたでも楽しんでもらえるよう工夫しています。
例えば、味付けだけでなく季節感が楽しめる料理の盛り付けを工夫するほか、生ものであるお刺身やサラダもメニューに盛り込むなど、お食事を楽しむ喜びを感じて頂きたいと思っています。 また噛むことが困難な方には、ミキサー食や刻み食ではなく、見た目は普通の食事と変わらないのに口の中でトロける独自の「ソフト食」を提供。 食事を単なる栄養補給にせず、目で舌で堪能できるメニューを心がけています。

そして3つ目は「退屈させない日々の暮らし」の提案。
絵画、園芸など、様々なレクリエーションをご用意。 サークル活動の充実や、参加者を募った外食や買い物、温泉ツアーなども行い生活に彩を加えています。

なぜ低価格で、上質なサービス・環境を提供できるのか

リゾートホテルのような内装 私どもは介護付き有料老人ホームでありながら、まるでリゾートホテルに滞在するような心地よさや、万全の介護サービスと医療連携をモットーに安心してお過ごしいただける新スタイルの介護施設を展開しています。
エクセレントシリーズでは、毎月の入居費用を20万円(家賃、食費、管理費、介護保険の自己負担額など)程度で設定しています。
ではなぜ低価格でサービスを提供できるのか。その秘訣は2つあります。

まず1つ目は、マンション賃貸業を長年行ってきたことで得た知識と創意工夫です。
立地条件の良い土地の探し方や、情報収集をしっかり行って、安く購入するノウハウ。 また建設金額をあらかじめ設定し、お客様の居室・共有部分は豪華に、職員のスペースは徹底的に簡素化するなど、細部にわたり工夫することも建設業者のご協力があってこそ可能になりました。

医療機器 2つ目はエクセレントが培ってきた介護です。
中でも在宅事業部のデイサービスに関しては、出版社から取材を受けるほど様々なメニューを持つデイサービスとして全国にご紹介して頂きました。 また介護保険施設の人員配置3対1が基準ですが、エクセレントでは人員2.5対1以上のスタッフを配置し、24時間体制で手厚くきめ細やかな介護を行っています。 普段の健康管理はもちろんのことながら、急病の時にも最新のガン治療機器やCTスキャナーを完備している医療機関と連携しているので安心してご入居頂けます。

今後エクセレントが目指していく介護事業とは

いま日本は世界に類をみないスピードで高齢化社会が進んでいます。 総人口が減少していく中で、利用者の皆様は「本当に住み良い老後が送れるのだろうか」と不安を抱いているかと思われます。 私どもは皆様の声に応えるべく、より充実したハイクオリティーサービスを目指しております。

人材育成
介護

エクセレントの考える介護力とは、ただ単に介護が出来る人でなく、人間力を持ち合わせた介護を行う事。
一人きりでいるご高齢者に声をかけたり、料理の盛り付けに「この紅葉を加えたらもっと喜んで貰えるのではないか…」など介護という枠に囚われない発想と行動力が必要と考えております。 より良い介護事業の追求のため、今後もエクセレントは人材育成・発掘を最重要課題として取り組んでまいります。

団塊世代の方々は、今まで日本を支えてきてくれました。 私どもはそういった方々に、尊厳を持ってお過ごし頂きたいと思っております。 お客様に尊厳を持った対応やサービスを行わない限り、よいサービスは生まれません。 私どもは「感動して頂けるケア」をモットーに、今後も新たな介護施設の可能性を追求してまいります。